スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【交響楽団】記憶から記録への相転移【ワルプルギスの夜】

どうも。あの素晴らしい一時からもう一週間が経ってしまいました。虹階です。

この一週間の間に交響楽団「ワルプルギスの夜」主催、ワルプルギスの夜の夢について書いてきました。
もうあれから一週間が経ったのか、と思うと、ホント月日が経つのは早いなぁと思います。
さて、そろそろ本番のことを書かないと記憶が薄れていってしまいますね。

◆リハーサル!
まぁ、いきなり本番よりは、まずはリハーサルがあるのでね。
リハーサルともなるといよいよだなぁと思うわけです。それでもまだ出来ていないところや、不安なところは数あるわけです。少ない時間でここまで仕上がってきているのは凄いことだと思うのですが、細かいところまで突き詰めようとして聞けば、まだまだだよなぁ、と感じていました。
リズム、音程、音の出だしから処理、音の表情まで。
もっと練習しておけば、なんて思っても本番はやってくるんです。
覚悟を決めて本番に臨みました。

◆2015年1月17日(土)、あましんアルカイックホールにて
さぁ、ようやく本番当日になりましたね。
どれだけの方々が聞きに来てくださるのか、不安と期待が入り混じってこれぞ混沌という気分でしたw
先日の2chまとめでもありましたが、6時頃には会場近辺まで来ておられる方もいらっしゃいました。
わたしの予想では、800人くらい。多くて1,000人は来ていただけるんじゃないか? なんてことを思っていた時期もありました。なんせ、アルカイックホールは、2階席合わせて1820席もあるんですから。
それに、満員とは言いませんが、一人でも多くの方にわたしたちの演奏を聴いて欲しい、という願いは団員みんなが持っていたことだと思います。

さぁ、叶えてよ! インキュベーター!!

実は、わたしはアルカイックホールで演奏したことがありませんでした。
本番前のリハーサルでは、ホルンの音がどんな風に聞こえるんだろう?って確認をしていました。非常にいい響きのするホールだとわかった一方で、はっきりタンギングをしないともやっとした音になりやすそうだという結論に至りました。
自分の声もそうですが、自分の音もどんな風に聞こえているのかは気になるんですよね。

楽屋では……
楽屋前には差し入れのお菓子が山のようになって置かれていました。残念ながら写真を撮り損ねていたのでこちらでお見せすることはできないのですが、黒い電だったり、杏子ちゃんのセリフにあるようなチョコレート菓子だったり、幸せターンだったり、色々ありました。ただ、食べちゃうと歯磨きをしないといけないので、食べたいけど、食べると大変というジレンマでしたw 結局、黒い電を一個食べて糖分補給してしまいました。
本番前でも、楽屋の中では楽譜の確認や、最後の練習が行われていましたよ。
中でも、トランペットやトロンボーンはパートで練習されていました。結構本格的に。本番前で大丈夫かなぁ、とこちらが心配してしまうくらいにw
では、わたしたちホルンはというと?
楽譜の確認と少し音の確認をしておりました。本番でヘトヘトになっていてはいけないので、軽く、軽く。

16:30になると、一般参加の方々が入場開始になりました。
厳密には少し遅れての開始だったようですが。そして、気になる入場者数ですが、わたしの予想を残念ながら下回る、
400人ちょっとだったそうです。少し寂しい気もしますが、一般の方からすれば、座席は選べるし、ゆったりだし、といういい環境だったようですね。

17:30、ついに開演となりました。
不思議と舞台での緊張ってしないんですよね。おそらく超重要なソロを持っていないというのもあると思いますが、それよりも楽しみ、楽しいという感情の方が強かったんじゃないかな、と後から思うのです。

00 「magia」
エンディングでありながら、実は第1話から登場している曲ですね。
この曲で一気にまどマギの世界へと観客の方々を引き込めたんじゃないでしょうか。
わたしもこの曲を演奏して自分をまどマギの世界へと持って行きました。

交響組曲「魔法少女まどか☆マギカ」
第一部


01 「夢」~02 「魔法」~03 「巴マミ」
まどマギがまだ普通の可愛らしい魔法少女アニメだと思わせていたころの音楽ですねww
magiaからそうなんですが、本当に打楽器の良さが随所に聞こえてくるんです。
ホルンとしましては、メロディを持ったり、リズム隊だったり、ハーモニーだったり、色んな役で
演奏しています。ま、全体的にホルンの位置ってそうなんですがねw
特殊奏法を03 「巴マミ」で使っています。マウスピースを逆さまにして楽器に当てて吹くのですが、実は、楽譜上では一応音が指定されています。もちろん息をシューーーーって入れているので、音を出すのは無理ですが、息のスピードや息の入れ方で音程も取れる、らしいです。全くそんなことはできませんでしたがねw

04 「日常」~05 「魔女」~06 「佐倉杏子」~07 「美樹さやか」
日常から一転、魔女という存在が現れ、魔女と戦うために存在する、それが「魔法少女」と分かり始めます。
そして、曰くつきのシーンが思い出されますね。
魔法少女とは、ソウルジェムとは。次から次へと明らかになってくる「契約」の仕組み。
キュゥべえの策略に巻き込まれ、やがて堕ちていくさやかちゃん。
第一部はここで終了となりました。


第二部

08 「心」~ 09 「饗宴」~ 10 「対話~なぜ?」~11 「対決」~12 「暁美ほむら」
さやかちゃんが堕ち、魔女となります。アニメではキュゥべえがすごく印象的なことを言っています。
少女とは大人の女性になる手前の状態をいうならば、魔法少女とは魔女になる手前の状態なんだ、と。
この言葉を聞いて、悔しいと思いながらも、なるほどなぁと感じていました。
09「饗宴」は人魚の魔女、オクタヴィアとの戦いでの曲ですが、まどマギで1、2を争うくらいにこの曲が好きな方がいらっしゃるのではないでしょうか。かくいうわたしもその中の一人なのですが。なので、演奏していて楽しかったです。
さやかちゃん、杏子ちゃんが相次いで死んでしまい、まどかの心も揺れに揺れ動きます。
キュゥべえの感情ゼロの事実を事実のまま伝える会話は、まどかには辛く苦しいものだったと思います。
アニメ第10話の突然の挿入は、ほむらが何故執拗にまどかを魔法少女にさせたくなかったのか、その隠された記憶を垣間見ることができました。
ほむらの決意は、一人の女子中学生が背負うには重すぎるものだったと思います。
まどかを救う、という大義名分を掲げながら、ワルプルギスの夜という最強の魔女を倒す(=見滝原市を救う)わけですからね。
まどかがワルプルギスの夜を倒したとき、最強の魔女となったのならば、もしほむらが倒したらどうなったでしょうねw

13 「ワルプルギスの夜」~14 「鹿目まどか」~15 「思い出」
ここからノンストップでした。アニメ本編でも一連だからということで、そうなりました。
実は、本番では忘れかけており、慌てて譜面をめくることをしてました。幸い、曲の冒頭には演奏部分がなかったため大丈夫だったのですが。
ホルンはこの3曲にパワーを残しておけ、と言わんばかりな譜面でした。
14 「鹿目まどか」にある、宇宙再構成の音の作りはとても面白いものでした。
客席から見ればどんなことをしていたかがお分かりだったと思いますが、打楽器って凄いな、と思える一時だったと思います。ただ擦るという一言でも、「何を持って、何を擦るのか」、で全然違う楽器に生まれ変わるんですね。
15 「思い出」はもう何も言いますまい。ただ静かにまどかによって改変された、魔女の存在しない世界を思い浮かべながら、まどかがいた時の思い出を思い出してみてください……

Encore 「コネクト」~ Double Encore 「magia」
アンコールだけど、オープング曲。
コネクトの歌詞は改めて見ると、ほむらのことを書いた歌詞なんだなぁとわかります。ほむらがどんな途を歩んできたのか。ただまどかを救いたい、という願いを叶えるために。
ポップな曲でもオーケストラではまた趣の違う曲になっていました。演奏している者としても最後まで楽しく演奏ができる曲として仕上げられたと思いますね。
ダブルアンコールとしてmagiaをもう一度演奏しました。これでエンディングを迎えたといった感じでしょうか。志村先生の手拍子で一般の方にも参加していただき、会場全員で作り上げたmagiaは最後の最後にふさわしかったと思います。ここまでに計17曲演奏してきたわけですが、疲れも吹き飛ばすくらいに演奏してました。

以上、曲の感想なのかまどマギの感想なのか、よくわからないことになっていましたが、これでワル響に参加してみた!を終わりたいと思います。

余韻冷めやらぬ今日この頃ですが、わたしとしては、もう一度演奏したいという思いが全く消えません。
それは、好きな音楽をもっとやっていたいという願いと、随所でミスしたところを納得できる形にしたいという願いが混ざっています。主に前者の願いの方が強いですが、この1回だけというのはいい演奏だったからこそ1回で終わらせたくないなぁという思いが正直なところです。
あとは、新編 叛逆の物語の演奏ももちろんやりたいと思いますし、ルミナスとひかりふるを加えた劇場版前後編としても演奏してみたいですね。

とまぁ、わたしとしては非常に楽しくて、演奏できることが嬉しくて、短い期間だったのですが、素敵な方々に出会えて、本当に良かったと思っています。

いつかまた、もう一度みんなとも逢えるから、
それまではほんのちょっとだけお別れだね……

 虹階
スポンサーサイト

【交響楽団】記憶から記録へ【ワルプルギスの夜】

どうも。あれからもうすぐ一週間経つのかと、時の流れに驚く虹階です。

さて、先日は交響楽団「ワルプルギスの夜」主催、ワルプルギスの夜の夢に出演しましたー、ってところから始まり、本番を終えるまでに2chではどんな反応だったの?ってところで終わりました。
今日は、わたし視点によるワル響に参加してみた!ってところを書いてみようと思います。

◆練習回数が限られる
これはある意味仕方がないところですよね。
運営の方々や遠方より来られる方々のことを考えれば、そんなに回数を取っていられません。
しかも、わたしは職場が変わったことによる練習ゼロ期間があったこともあり、個人練習が如何に重要であるかを物語っていると感じました。
いざ楽譜を渡されると、アンコールも含めて17曲もあるわけです。

やべぇ、練習マジでやらないと、追い出されるやないか……

わたしはそれからというもの、週末になれば大阪城公園で練習するようにしました。
人の目? そんなの気にしてられません。
それよりもやっかいだったのは、「蚊」でしたw
その次は「寒さ」でしたね。寒くて練習しづらい。

わたしの楽器はホルンです。
練習しょっぱなから周りの方々の上手なこと。
わたしもこれまで18年間ホルンを吹いてきたのですが、まぁまだまだでしたね。
しかも、上吹きか下吹きかと言われると、まだ上吹きかな、ってことで上と言いましたが、下が苦手な真ん中吹きって選択肢がほしくなりましたよw

そんなこんなで初練習を迎えました。
全員が初顔合わせだったのですが、音楽というのはすごいですね。
名前も全然知らない、初めて出会ったばかりの人たちとでも指揮に合わせて奏でれば音楽になるんですから。

公式コンサートへは行きましたが、初めて間近で聞くまどか☆マギカのオーケストラ。

本当に自分がその中の一員としていることの喜びを噛み締めていました。

◆オケの難しさを知る
練習を重ねるのですが、楽器の数がなかなか揃わない。
ご存知の方もおられるかと思いますが、ワル響は開催できるかどうかの瀬戸際に立たされたことがありました。以前の東京八王子での公演とは異なり、地方公演ということもあってか、メンバーが思うように集まりませんでした。
また、オーケストラといえば、指揮者を囲むように弦楽器が大勢いるわけです。
バイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバス
その後ろには木管楽器、金管楽器、そしてパーカッション(打楽器)が並びます。
遠方からだったり仕事だったり、なかなかメンバーがきっちり揃わないため、音楽としては歯抜けになります。
そのため、どうしても曲の様子がはっきりしませんでした。

曲の様子もそうですが、長い休符のところでは、どこかの楽器が入るところを目印にして楽器を構えたりします。(少なくともわたしは、ですが……)
そんな楽器が少ない状況ですと、間違えてしまったりするんですよね…… ちゃんと数えておけよ、なんですが、どうも数え間違えたりしちゃうんです。困ったさんですよね。

◆遠征気分!
わたしは現在大阪市に住んでいるのですが、本番が尼崎市なためか、練習会場は主に尼崎や西宮など少し遠出する場所が多くありました。元々京都市民であったわたしですから、阪神電鉄はほとんど乗る機会がありませんでした。なので、このワル響の練習を通して、短期間ながらよく乗ったなぁと思います。
大阪で練習があれば楽チンなわけですが、少しでも電車に乗って移動するのは楽しかったです。
ワル響が終わった今、次に阪神電鉄に乗るのはいつだろう? って思えますね。

◆印象付けてみよう!
短期間ではありますが同じワル響団員ですから、ただホルンの位置に座る一人、ではなぁと思って工夫してみました。
その一つがコレです。
DSC_0085.jpg

そう、名刺、名札ですね。
どこの誰かもわからない状態で練習してもなぁと思い、2回目の練習から装備していました。
その甲斐があったかはわかりませんが……
運営の方と間違われたことがあったので、逆効果だったかもしれませんねww
名刺は練習後のご飯の場で配ることもできたので、名札はともかく、名刺は正解だったと思います。
サークル主であること、ホルン吹きであること、工学博士であること、あとはTwitterやらpixivやらを載せています。この名刺は各イベントでも持っておりますので、欲しいという方はお声かけください!

もう一つは、これです。
DSC_0086.jpg

これはガチャガチャで手に入れた、ソウルジェムストラップです。
悪魔になったほむらがイヤーカフスの形として身につけているタイプのソウルジェムです。
もともとはストラップ用に金具と紐がついていたのですが、これをネックレスタイプに改造しましたw
実は結構お気に入りだったりしますw
アクセサリですし、小さいですし、冬場なので目立ちませんが、それでも、わたしはほむらスキーだという証を示しておきたかったという理由で装備していました。防御力が1くらい増えていたと思いますw どうぐとして使うと悪魔ほむらが召喚でき……たらいいですがねw

あれ?
本番にたどり着きませんでしたwww

ちょっとこれ以上長くなると、読んでいただくのも大変だと思いますので、一区切りにします。
次こそ本番のこと書くぞ!
もう一週間も経っちゃうんだぞ!

 虹階

つわものどもがゆめのあと

どうも。夢から覚めないで欲しいという願いで魔法少女になれそうな虹階です。

先日、1月17日(土)は

交響楽団「ワルプルギスの夜」主催
『ワルプルギスの夜の夢』


に出演してきました!
本当に楽しくて、素敵な演奏会になったと思います。

Twitterやまとめサイト、2chでも取り上げられていた交響楽団「ワルプルギスの夜」、通称「ワル響」
の関西公演がこの度終了しました。
思い起こせばメンバー募集に即効で申し込んだのは昨年の6月下旬なんですね。あれから半年以上も
経っていると思うと長かったと思えます。
練習開始な初顔合わせが10月でした。
練習回数は限られていたので、練習のない土日には一人で大阪城公園に赴いて吹いていたのも
懐かしく感じられます。

ひとりぼっちはさみしかったもんな……

それでも1回1回の練習を大切にし、何とか自分の好きなアニメの曲が演奏できる喜びを噛み締めていました。

一般の吹奏楽団に所属していたときから、ゲームやアニメの曲を演奏したいって思いが
強かったんですね。それで、東方Projectの音楽を演奏する「東方吹奏楽団大阪支部」に所属もしていました。
そんな自分の前に転がってきたワル響関西公演の情報は願ってもないチャンスでした。
そして、先日舞台に上がれたのは幸せでしたね。

あと、ワル響に参加させていただいて、いい経験になったのは、公式コンサートのお手伝いができたことですね。
台風直撃となった大阪公演の舞台設営のお手伝いをさせていただいたんですよ。
初めてオケで聞いた叛逆コンサートは情景を思い浮かべながら聞いてましたし、misteriosoでは泣いてましたw

それだけ感情移入ができるまどマギを演奏したらどうなるかって?
もちろん演奏しながら泣きそうになってましたよw
ワルプル戦が終わった光の矢が一番泣きそうになります。もちろんそれ以外のところでも目頭が熱くなることは
多々ありました。

公演終了後のTwitterを見てると、泣けた、泣いたって方が結構いらっしゃったようです。
それだけ一般参加の方々の心に響く音楽を届けられたのは、一奏者としてはとてもうれしいなって。

ワル響は2chではどう書き込まれていたんでしょう?
そんな書き込みをまとめてみましたので、↓をご覧下さい。
(これらが全てではありません。抜粋形式です)

<ワル響2chまとめ 総合>

①書き込み開始は17日0時24分から
②会場到着組は6時40分。6時に梅田で待機組もあり。
③カイロの差し入れがあった。
④整理券を貰うも余裕だったの声(10時27分)
⑤うっ…俺の左手に刻まれし魔女の口づけが疼く →首筋じゃないのか
⑥いーつにーなーったらー

CD出すんだよワル響(´・ω・`) (13:25)
⑦整理券まだまだ余裕の模様(14:27)
⑧寒いので列再生列後解散(15:53)
⑨整理券まだまだいけるよ(17:19)
⑩演奏中、今日がワル響と知る人も
⑪終演まで書き込みなし
⑫アマチュアの演奏も良かった
⑬若干金管の音が割れてたのは残念
せっかく組曲にアレンジしたんだからこれこっきりじゃなく
どっかで生かしてほしい
⑭個人的には「magia」と「コネクト」をフルサイズ(TVサイズじゃなく)で 演奏してくれてありがとう
⑮バイオリンはすごかったね
センターの女の人が綺麗だった
⑯ワル響よかったなぁ、東京民はこれを2年も前に味わってやがったのか
⑰大阪のオリックス劇場より今回の尼崎のホールのが音響も設備も全然いいな公式の関西公演もこっちでやってほしい
⑱生オケはほんとすごい また関東で開催してほしいな
⑲今さらだけど無理してでも行けよかったと後悔
⑳自分としては公式のよりこっちのが満足度高い
㉑自分はつまらなかったな おっさんばかりでなえた
㉒アルティメットまどっちの曲の出だしの不協和音のアレンジ大好き概念に成り果てた後に女神になる感じがして
㉓そこの所だけ難解な前衛音楽みたいだったな 何をどうやってあの音を出してたのかよく分からなかった
㉔今回も最初の曲はMagiaだったのかな? あのTV版準拠ならではの構成はインパクトあるよなぁ しかもフルバージョンてこともあって一気に引き込まれる
㉕上条が練習してた曲とか忘れてたから聞き覚えあるのにどこのシーンだったか言われるまで分かんなかったわ
㉖マミさんのテーマのアレンジがすごく良かった マミさんが円環の理に導かれるとしたらこういう曲が流れるんだと思う
㉗ワル響は初代と構成はほぼ一緒だったけどアレンジが良くなった気がする
㉘後半若干ずれ初めて大丈夫か?と思ったけど全体的には演奏レベル自体もかなり上がったと思う
㉙初代のワル響は演奏上手くなかったけど異常なまでの一体感がやばかった
あれをもう一度味わいたくて兵庫まで行ったが…流石に無理だったか
㉚八王子ワル響の奇跡的な一体感は二度と味わえないんだよ…
自然にスタンディングオベーション起きたし
㉛今回であれは確かに奇跡と言うにふさわしい事を実感した
叛逆verを東京でやるならあの奇跡も再びあるかな?
叛逆からも時間経ちすぎてるし厳しい気もするが

わたしは八王子公演を聞いていないため比較ができないのですが、

演奏は関西、一体感は八王子

という構図ができていたようです。

さて、今日はこの辺にして、次は本番までと本番に特化して書いてみようと思います。

それまで、ほんの少しだけお別れだね……

ダウンロード販売開始です! そして……

どうも。次の作品内容が決まらない虹階です。

C87にて頒布いたしました、魔法少女まどか☆マギカ -理由の物語-ですが、
DL site.com 様にてダウンロード販売を開始いたしました!
少しばかりイベントよりも高くなってしまいますが、イベントの参加率が低いかつ、
在庫がそこまで多くない当サークルですので、皆さんの目にとまりやすいように、
とこのような販売方法をとらせていただきました。

もしもご興味を持っていただけましたら、こちらからジャンプしてみてくださいね。
http://www.dlsite.com/home/work/=/product_id/RJ148158.html

夏コミまでにどこかで1回はイベントに参加したいなぁと考えておりますが、
先行き不安定な虹階であるため、これに参加します、とはまだ言えない状況でして……
とにかく今年はコミケ以外のイベントにも出ようと考えています!
決定したときは、こちらでご報告いたしますね。

*****

さて、今週土曜日になりましたが、私、虹階が演奏者として参加するコンサートが行われます。

        交響楽団「ワルプルギスの夜」主催
   ワルプルギスの夜の夢 -転生篇-


TVアニメ版 魔法少女まどか☆マギカの音楽をフルオーケストラで演奏します。
場所は あましんアルカイックホール(尼崎市総合文化センター) です。
開催日時は、2015年1月17日(土)16:30開場17:30開演20:00終演予定です。
席は全席自由となっています。なお、整理券を配布いたします。
整理券は朝10:00配布開始予定です。諸注意は公式サイトに書かれていますので、
必ず確認をしてから来てくださいね。
公式サイトはこちら↓
http://madoka-symphony.jp/index.php

一応申しておきますが、間違っても徹夜なんてことはしないように!
徹夜する人は問答無用で魔女結界に放り込んでマミられてもらいます……
皆さんのご協力をよろしくお願い致します!

また、スタッフ参加者も同時に募集しております!
経験は問いませんので、まどマギ好きな方なら大歓迎です!
詳しくはこちらも公式サイトに掲載されておりますので、ご確認くださいね。
皆さんのご参加をお待ちしております!

それでは!
 虹階

コミケお疲れ様でした&あけましておめでとうございます!

どうも。明日から仕事なんて考えたくない虹階です。

まずは、昨年のことから。

2014年12月28日から30日までのコミックマーケット87、参加された皆さん、お疲れ様でした。
わたしは1日目をサークル参加、2, 3日目を一般参加で行ってきました。
今年は昨年よりも寒く、2日目は非常に珍しい、朝からの雨模様でした。

1日目ですが、当サークルにお越しくださった皆さん、ありがとうございました。
新刊「魔法少女まどか☆マギカ -理由の物語-」は、およそ6~7割ほどお手にとっていただけました。
また、既刊であるボカロ小説も手をとっていただくことができてすごく嬉しかったです。
『理由の物語』は、新編へと至るほむらの魔女化がテーマでしたが、どうすれば魔女にまで堕ちることができるのだろうと真剣に考えました。しかも、新編で原因は『愛』だとほむらが言っているからには、まどかへの愛を全面に押し出さなければと思うわけです。全く筆が進まない時期もありました。でも、こうして皆さんにお手にとっていただける形にできたことには正直ホッとしておりました。
もしお手にとっていただけた方がいらっしゃれば、是非感想をお聞かせくださいね。

そんな新刊ですが、現在次の参加イベントが決まっておりませんので、いつ頒布できるかの目処が立っておりません。
もう恐に参加してみたいところですが、東京に出向くこともなかなかできない現状です。
したがって、ダウンロード販売をしようと検討中です。
今月中には開始できるようにしたいと思いますので、よろしければご利用ください!

***

さて、昨年のお話はこれまでにして。
お次は……

あけましておめでとうございます!!

2015年になっても変わらずのご愛顧を宜しくお願い致します。
今年はちょっとした目標を立てております。
その目標ですが、冬コミくらいには実現できるようにしたいなぁと考えております。
そのためにも普段からイラストを描く練習をしていくつもりをしています。
決して独立したいというわけではなく、二人で描けるようになればもっといいものが作れるだろうということと、目標に一歩でも近づけるようにしたいということなのです。
頑張りますよー!

あとは、まどマギでもっと小説を書いていきたいですね。他にはラブライブ!の小説も書いていきたいです。
おそらくpixivでチョロチョロと出していくことになると思いますので、見つけたら読んでみてくださいね!

それでは、今年もRainbow Puddingを宜しくお願い致します!!
12 | 2015/01 | 02
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Credit(s)
おかげさまで
プロフィール

虹階、唯人

Author:虹階、唯人
虹階(にじのきざはし):Rainbow Pudding 文章担当です。Second Party!! というサークルで東方Projectの二次創作も行っています。
唯人(ゆいと):イラスト担当です。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。